DIY必須アイテム作業台【無料&格安】

DIY

みなさんこんにちは、こんばんはポン酢です。

大工歴15年の僕が初心者でも出来る簡単DIYを紹介しています、よろしくお願いします。

今回のテーマ

DIY必須アイテムの作業台についてです!!
DIYしてる人からしたら、当たり前でしょ。
って思うと思いますが、これから初める方や初めたての方は意外と重要性がわかってないかもしれません。
基本的に材料さえあれば無料で作れると思ってください。
材料を無料で手に入れる方法はこちら
簡単に作れるものなので、2つだけ紹介にします。

2つの作業台

  • 2×4ソーホース
  • バッテン台
    • 2×4ソーホース (通称 馬)
    • こちらはバッテン台に比べると、片付けや持ち運び収納に優れているかもしれません。
      ただ、バッテン台と比べた場合、少しお金がかかります。
      まず、ソーホースブラケットというものが必要です。ただ、そこまで高くないというか、むしろ、安すぎなのでは?というぐらいなので、無理な体勢で体を痛め治療費がかかることや、便利さを考えたら格安です。

    • 必要な金物はこちら
    • FULTON 400SHB ソーホースブラケット 鉄 2個×2箱セット

    • バッテン台
    • ベニアをクロスに組んだものを2つ用意し、その上にもう一枚ベニアを乗せれば完成の簡単なものです。

      しかし、ベニアが2枚必要という事は、結構な重さになるのと、まとめて持ち運ぶのは、2×4ソーホースに比べると大変です。
      とは言え、金物を必要としないので、こちらの方が、格安。もしくは、無料で作ることができます。




    <作業台を使うメリット>

    安定した姿勢で作業ができる
    安全に作業ができる
    体を痛めにくくなる。特に腰。
    作業台の下に道具を置くなどで、作業場の整頓が楽になる。

    <デメリット>

  • 作業台から、物が落ち床が傷になる。
  • 収納の際場所を取る。
  • 以上がメリットデメリットかと思います。

    しかし、デメリットに関しては、養生した上に作業台を設置すれば床への傷も防げますし、収納場所も、DIYをするなら覚悟の上ですよね 笑

    なので、デメリットはないようなもの、むしろ、作業台を使わずに作業することになんのメリットも意味もないことがわかります。

    今まで床でしゃがみながら作業してた方。
    これを機に、作業台を用意してください。
    僕も、昔めんどくさがって、床で作業したりもしてました。
    しかし、それで無理な体勢などで危ない思いをしたりしました。
    なにより、腰を悪くし、しばらく通院し治療費が高くつきました。
    あの時、横着せず、作業台を使ってれば。

    僕のようにならないように、みなさんには健康体でDIYを楽しんでもらいたいので、是非、作業台を活用してください。

    まとめ

    作業台はあった方がいい。
    ではなく、
    なきゃいけない存在。

    ない事になんのメリットもなし。

    です。

    健康な体は、DIYに限らず、人生においても大切です。これからも、元気に過ごしましょう。

    それでは、今回はここまで。
    最後まで読んで頂きありがとうございました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました